製品情報

 

SharePoint® の Web サービス呼び出し

Nintex® Workflow

Nintex Workflow を使用すると、Web サービスを呼び出すことができます。呼び出しを行う Web サービスは、別サイトのリストアイテムの作成や編集、削除だけでなく、SharePoint や別アプリの Web サービスの呼び出しも可能です。
Web サービスの呼び出しでは、呼び出しを行うユーザー名とパスワードを指定することができます。そのため、同じワークフロー内で開始者に権限がないアクションを上位権限で実行したいときに使用されることもあります。

チュートリアル

このチュートリアルでは、基本的な Web サービスの呼び出し方法と、その結果の表示方法が紹介されています。

[Web サービスの呼び出し]アクションのサンプル

sc1

作成方法

作成方法の詳細については、こちらをご覧ください。(英語)

注意点

チュートリアルに従い Web サービスの呼び出しアクション内の SOAP エディタを設定すると、タイトルが “A” となっているアイテムの情報を取得することになります。例えば、タイトルが”B”のアイテムでワークフローを実行しても、“A” のアイテム情報を取得します。そこで、SOAP エディタを下記のように変更してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<soap:Envelope xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
    <soap:Body>
        <GetListItems xmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/soap/">
            <listName>{Common:ListName}</listName>
            <viewName></viewName>
            <query><Query><Where><Eq><FieldRef Name="Title" /><Value Type="Text">{ItemProperty:Title}</Value></Eq></Where></Query></query>
            <viewFields></viewFields>
            <rowLimit></rowLimit>
            <queryOptions xmlns:SOAPSDK9="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/soap/"><QueryOptions/></queryOptions>
            <webID></webID>
        </GetListItems>
    </soap:Body>
</soap:Envelope>

目次へ戻る