製品情報

 

Lightning Conductor Web パーツの応用例

Lightning Conductor Web パーツ では、JSON / XSLT を使用してグラフィカルでリッチな画面の作成が可能です。コンテンツ集約を伴う開発では、コンテンツ集約のベースとして Lightning Conductor Web パーツ を使用し、画面開発を行うことで、開発コストを抑えられることがあります。

プリセット Web パーツ

sc1

Lightning Conductor Web パーツ では、予め設定が施されているプリセット Web パーツがあります。
プリセット Web パーツは、プリセット設定のまま利用できるのはもちろん、通常の Lightning Conductor Web パーツと同じように設定を変更して利用することも可能です。プリセット Web パーツの1つである「お知らせ ロールアップ」Web パーツを使用すると、お知らせリストが上記のようにグラフィカルなビューでご覧いただけます。

Lightning Conductor Web パーツ - プリセット Web パーツの利用

XSLT や JSON を使ったビューのカスタマイズ

sc2

標準のビューでは、アイテムは行単位で表示されるためプロパティは横方向に並んで表示されます。Lightning Conductor Web パーツで XSLT を用いたカスタマイズを行えば、アイテムを列単位で表示し、プロパティを縦方向に表示させることができます。
SharePoint ®を使用してカタログサイトを作成する場合などでご利用いただけます。

デモンストレーション動画 - コンテンツの縦表示、マスタ参照を行う

Nintex® Workflow との連携

sc1

Nintex Workflow には、自分がワークフローを開始したアイテムや自分が承認/却下などを行うワークフロータスクを集約する Web パーツが付属しています。 とても便利な Web パーツですが、表示列を変更したり、条件付き書式を設定したりといった細かいカスタマイズはできません。

Lightning Conductor Web パーツを使うと、表示列の変更やグループ化、条件付き書式など様々なカスタマイズを行うことができます。

デモンストレーション動画 - Lightning Conductor Web パーツ + Nintex Workflow - ワークフローを実行したアイテムとワークフロータスクの集約

Nintex Forms との連携

sc1

弊社で取り扱っている Nintex Forms をカスタマイズして表示させる独自ダイアログに Lightning Conductor Web パーツを表示させることができます。
SharePoint でマスター参照を行う際に、マスターとなるコンテンツが散在している場合などでご利用いただけます。

デモンストレーション動画 - 独自ダイアログ ボックスにマスタ参照ビューを表示する

 

Lightning Conductor Web パーツのお問い合わせはこちらまで、お気軽にお問い合わせください。