製品情報

 

さまざまなGUIへの対応

Nintex® Forms を使うと、SharePoint® 標準機能では実現困難な GUI を実装することが可能です。例えば、Notes 移行案件でのフォーム開発は大きな問題となることがあります。

Notes 移行でのよくある問題

  • Notes で実現していた様々な GUI をどのように実現するか?
  • Notes スクリプトを用いてた機能の対応は?
  • 昔から使い続けているため、同じような画面が多数存在・・・

Notes アプリケーションは上記の理由のため、比較的複雑な GUI を実装していることが多いです。こうした実装を持ったアプリケーションを SharePoint へ移行を行うために、Nintex Forms が活躍します。

Nintex Forms での解決方法

  • 多彩な GUI を実現可能
  • JavaScript を用いた開発が可能
  • 画面自体をエクスポートできるため、似たようなフォームを1からデザインしなくとも OK

Nintex Forms では標準で多くの GUI を実現することができますが、簡単な JavaScript を用いることで、更に多彩な機能の実現が可能となります。また、フォーム自体のエクスポートにより、再利用を行うことができるため、似たようなNotes の画面を複数移行する場合にも役に立ちます。

Notes セクションの実現

sc1

Notes では、セクションと呼ばれる入力項目のグルーピングが作成出来ます。

セクションは、▼をクリックすることで、グループ化された項目を折りたたみ、展開することが可能ですが、Nintex Forms でも非常に簡単な設定とJavaScript でセクションを表現することが可能です。

デモンストレーション動画 - Notes セクションの実現

タブを用いた登録画面

sc2

項目数が多くなると画面デザインに工夫が必要となります。Nintex Forms では、GUI の設定のみでタブ画面を実現することが可能です。

デモンストレーション動画 - タブを用いた登録画面

コピー&ペーストの制御

sc4

Nintex Forms では、標準機能においても、画面上の項目に細やかな制御を行うことが可能ですが、ほんの少しのJavaScript を追加すると、コピー&ペーストや右クリックなどの高機能な制御が可能となります。

デモンストレーション動画 - コピー&ペーストの制御

別リストとの連携

sc5

他の Notes データベースファイルからの値を選択させる機能は、Notes ではよくある実装です。

こうした機能を SharePoint で行うためには、いくらかの実装が必要となりますが、別のリストの値を取得して目的のリストに追加する機能は、Nintex Forms に簡単な JavaScript を追加することで実現することが出来ます。

デモンストレーション動画 - 別リストとの連携

独自ダイアログの表示

sc3

他の Notes データベースファイルからの値を選択させる機能は、Notes でよくある実装です。

こうした機能を SharePoint で行うためには、いくらかの実装が必要となりますが、最終的にフォームに表示する点においては、Nintex Forms に簡単な JavaScript を追加することで、独自のダイアログ表示を実現することが出来ます。

デモンストレーション動画 - 独自ダイアログの表示

 

Nintex Forms のお問い合わせはこちらまで、お気軽にお問い合わせください。