ブログBLOG

InfoCallが解消するお客様の「困った」⑧ ~「英語でも表示したい」~

2020年04月16日(木)

================================================
私たちは毎日どこかで、「困った」と立ち止まり、無意味に「時間」を奪われます。
インフォシェアの製品・サービスは、お客様の「困った」を解消し、有意義な「時間」を生み出します。
本連載では、InfoCallが解消するお客様の「困った」についてご紹介していきます。
================================================

 今回ご紹介するInfoCallが解消するお客様の「困った」は、「英語でも表示したい」 です。人材や働き方の多様化、海外拠点の展開など、英語による人と組織の情報を利用されているお客様は大勢いらっしゃるかと思います。今回の記事では、InfoCallについて、英語によるアドレス帳の表示についてご説明いたします。

InfoCallには英語の表示に関しまして、
①英語表示の操作画面
②(英語表示のデータがある場合)英語表示のアドレス帳
③(英語表示のデータがある場合)英語を併記したアドレス帳
の3つのアプローチで、お客様の「英語でも表示したい」というご要望にお応えできるようになっております。

■英語表示の操作画面
InfoCallには英語表示の操作画面がありますので、
日本語表示のInfoCall、英語表示のInfoCallの両方を設置することも可能です。
また、日本語、英語のみではありますが、MUIを利用している場合、ユーザープロファイルの設定(日本語優先か、英語優先か)に応じて、操作画面の言語を切り替えることも可能です。

【日本語の操作画面】

【英語の操作画面】

ただし、アドレス帳に表示されるデータは、お客様がご利用中のものをベースにするため、英語表示のデータがない場合、上の例のような表示となります。

■(英語表示のデータがある場合)英語表示のアドレス帳
上述の【英語の操作画面】と、英語表示のデータを組み合わせることで、英語表示のアドレス帳を実現できます。

また、製品標準の機能ではございませんが、下図のような英語表示のアドレス帳と日本語表示のアドレス帳の切り替え機能を追加するカスタマイズ対応の実績もございます。

なお、英語にも同義語検索の機能がご利用いただけます。
(InfoCallの検索機能につきましては第2回第3回の記事をご参照ください。)
英語圏の人名には「短縮形」という文化があり(https://ja.wikipedia.org/wiki/英語人名の短縮形)。
代表的な例を挙げますと、
Microsoft創業者といえば、
“ビル・ゲイツ(Bill Gates)” ですが・・・これは短縮形であり、本名は、
“ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ三世(William Henry Gates III)” です。
つまり、 “Bill” = “William” となります。
短縮形は日本のニックネームとは異なり、公式に使用されるものであり、アドレス帳に登録する場合も十分に考えられます。
“William”とだけ知っている人、“Bill”とだけ知っている人が、相手を見つけられない恐れがあります。
InfoCallの同義語検索を利用すれば、
“Bill”と検索すれば、“Bill”も“William”も見つけられますし、

“William”と検索しても、“Bill”も“William”も見つけることができます。

■(英語表示のデータがある場合)英語を併記したアドレス帳
日本語表示のデータと英語表示のデータを組み合わせることで、英語を併記したアドレス帳を実現できます。
これは、InfoCallにおいて、お客様がご利用している人と組織の情報を集約する機能の一つと言えます。

【英語を併記した組織画面】
サンプル株式会社>国内拠点>東京本社>営業部の順に、組織をたどった画面のイメージです。

サンプル株式会社>海外拠点>アメリカ支社>ニューヨーク支店>営業部の順に、組織をたどった画面のイメージです。

また、役職などについて、日本語、英語それぞれで登録されているデータがある場合はもちろんのこと、
以下のような日本語、英語の役職の対応表(役職マスタ)の情報を集約することも可能です。

さらにInfoCallの部分一致、複数単語の検索が利用可能です。
『Director』と検索すれば、『部長』と『Director』の両方の役職について、検索できます。

【英語を併記した検索画面】

また、『部長 Leon』と検索すれば、『部長』相当の役職についている『Leon』さんを検索できます。

 InfoCallは、ますます当たり前となってくる英語による「人と組織を探す」業務についても、柔軟に対応いたします。

●英語表示の操作画面、日本語表示の操作画面
→利用者のSharePointの優先言語に従った言語切り替えも可能です。
●(英語表示のデータがあれば)英語表示のアドレス帳
→英語に対しても、同義語検索が可能であり、短縮形(”Bill”と”William”など)の違いを意識しない検索も実現できます。
●(英語表示のデータがあれば)英語を併記したアドレス帳
→日本語、英語のデータを集約し、英語を併記したアドレス帳を提供できます。また、役職などの登録が、日本語だけ、英語だけであっても、日英の対応表(役職マスタ)を利用して、併記することで表示、検索を実現できます。

いかがでしたでしょうか。インフォシェア株式会社では様々な業務のシーンでのお客様の「困った」を解消するお手伝いができるよう製品を開発し、各種サービスを提供しております。是非、「お問い合わせ」から、ご連絡ご相談ください。

InfoCallが解消するお客様の「困った」⑦ ~「思い通りの並び順にしたい」~

2020年04月16日(木)

================================================
私たちは毎日どこかで、「困った」と立ち止まり、無意味に「時間」を奪われます。
インフォシェアの製品・サービスは、お客様の「困った」を解消し、有意義な「時間」を生み出します。
本連載では、InfoCallが解消するお客様の「困った」についてご紹介していきます。
================================================

今回ご紹介するInfoCallが解消するお客様の「困った」は、「思い通りの並び順にしたい」 です。InfoCallの基本的な機能は前回までの記事でご紹介しております。今回の記事では、InfoCallについて、アドレス帳の使い心地を大きく左右するデータの並び順についてご説明いたします。

InfoCallには並び順に関しまして、
①並び順のルールの設定・反映
②ルールの優先順位の設定
③ルールの追加
の3つが可能であり、お客様の「思い通りの並び順にしたい」というご要望にお応えできるようになっております。

■並び順のルールの設定・反映
大前提となりますが、並び順のルールの反映が可能です。
日本の企業文化に合わせ、「①役職順、②フリガナ順」を標準的な設定としております。

下の例において、役職順は、人事情報に登録されている役職コード(ADのSeniority Indexなど)を反映しています。
※ご説明のために”Seniority Index”を表示していますが、非表示とすることが可能です。

さらに、役職順に関して、独自に管理されている役職名と役職コードの対応表と連携することも可能です。
以下のような役職マスタをアドレス帳に連携し、お客様がご利用している状況を再現いたします。
※ご説明のために”役職コード”を表示していますが、非表示とすることが可能です。

■ルールの優先順位の変更
 さきほどまで、日本企業に多くみられる①役職順②フリガナ順を例に、お客様がご利用している並び順に、InfoCallが柔軟に対応できることをご説明しました。当然ですが、この「①役職順、②フリガナ順」以外の並び順も適用するため、ルールの優先順位の変更が可能です。
 下の例では、役職順、フリガナ順のルールの優先順位を変更し、「①フリガナ順、②役職順」とした並び順としたアドレス帳となっております。

■ルールの追加
 ルールの優先順位の変更だけでなく、任意の列についてルールの追加をすることも可能です。
例として、内線番号順をルールとして追加、優先順位を「①役職順、②内線番号順、③フリガナ順」としたアドレス帳をご紹介しております。この場合、内線によるコミュニケーションが多い職場での、業務効率化につながります。

 InfoCallは、お客様が現在ご利用している人と組織の情報を集約することで、アドレス帳として思い通りの並び順が設定できる柔軟な設計となっております。

・並び順のルールの設定・反映
→役職などの順番に関する情報も集約するため、最新の並び順をアドレス帳に反映できます。
・ルールの優先順位を変更
・ルールの追加
→業務におけるコミュニケーションによく利用する情報を優先して探しやすい並び順とすることで、時間の無駄をなくします。

いかがでしたでしょうか。インフォシェア株式会社では様々な業務のシーンでのお客様の「困った」を解消するお手伝いができるよう製品を開発し、各種サービスを提供しております。是非、「お問い合わせ」から、ご連絡ご相談ください。

InfoCall の Microsoft Teams 対応の状況と今後の予定

2020年01月07日(火)

明けましておめでとうございます。
インフォシェア 製品開発部です。

ご存じの通り、マイクロソフト社は、2021年 7月 31日の Skype for Business Online のサービスの終了を発表し、Microsoft Teams へのアップグレードを案内しています。(投稿末尾のリンク参照)
弊社製品 InfoCall も、Microsoft Teams に対応すべく製品機能の拡張を進めているところで、今年の春ごろのリリースを目指して開発を進めています。
今回は、このところお問合せを多くいただくようになった、InfoCall の Microsoft Teams の対応状況と今後の予定についてご紹介いたします。

今年春のリリースでは、以下の機能の提供を予定していて、1 ~ 3については動作するところまでは開発が進んでいて、4については現在開発進めている状況です。

1. Teams からの InfoCall の利用
2. InfoCall からの Teams チャット開始
3. InfoCall からの Teams 会議の設定
4. Teams のプレゼンス表示

以下、それぞれの機能について、概要をご紹介いたします。

1. Teams からの InfoCall の利用
InfoCall の基本機能はそのままに、Teams と連携して動作します。
下図のように、Teams のタブから InfoCall の機能が利用でき、チャットの開始や Teams 会議のスケジュール設定に対応します。
組織をたどって直感的にチャットの相手を選んだり、部分一致や同義語検索などの強力な検索機能を使って会議の参加者を探し出し、素早く連絡を取ることができます。

2. InfoCall からの Teams チャット開始
InfoCall で選択したユーザーとすぐにチャットを始められます。
下図のように、組織をたどってユーザーを選択し、「Teams」ボタンをクリックすることで、新しいチャットの画面を素早く呼び出せます。

3. InfoCall からの Teams 会議の設定
InfoCall で選択したユーザーと簡単に Teams 会議のスケジュールを設定できます。
下図のように、任意の条件でユーザーを選択し、「会議」ボタンをクリックすることで、新しい会議の設定画面を簡単に呼び出せます。

4. Teams のプレゼンス表示
InfoCall の画面上にTeams のプレゼンス情報を赤緑黄色のインジケーターで表示し、メンバーの在席情報を素早く把握できます。

このように、Skype から Teams へアップグレードしても、InfoCall からチャットや会議の設定、プレゼンスの確認等の連携機能をご利用いただける予定です。
上記の内容は、Teams のタブから InfoCall をご利用いただく際のご紹介ですが、InfoCall 本体(ブラウザからアクセス)からも同様に Teams と連携し、前述の2 ~ 4の機能がご利用いただけるようになります。
加えて、これまで Internet Explorer 限定だったプレゼンス表示も、Chrome や Edge(Chromium版)でもご利用いただけるよう、ブラウザ対応の拡充も併せて進めています。
※ 本投稿の機能、画面イメージは開発中のもので、製品リリース時に変更となる場合があります。

以上、簡単ではございますが InfoCall の Microsoft Teams 対応に関する対応状況と今後の予定についてのご紹介でした。
InfoCall は今後も、Office 365全域で活用できるアドレス帳を目指して、より多くの場面、様々なシチュエーションで統一した階層型アドレス帳をご利用いただけるように拡張を続け、人と組織の課題を解決し業務・作業効率の改善を目指してまいります。

---
□ 参考リンク
Microsoft サポート: Skype for Business Online の廃止 (2021 年 7 月 31 日)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4511540/retirement-of-skype-for-business-online