ブログBLOG

2021年3月の記事

Lightning Conductor SPFx の活用例 「ユーザー情報を反映したコンテンツ集約」

2021年03月09日(火)

今回の記事では、Lightning Conductor SPFxのユーザー情報を反映した集約をご紹介いたします。Lightning Conducor SPFxは、コンテンツの取得および表示についての設定が豊富であり、様々な目的に応じてご利用いただけます。
 これらの一例として、以下に「アクセス権を反映したコンテンツ集約」、「自分が最近編集したドキュメントの集約」、「自分が担当するタスクの集約」をご紹介します。SharePointのアクセス制限を継承しつつ、自分の作業の再開や、進捗状況の確認/アップデートを効率的に行えます。

アクセス権を反映したコンテンツ集約

Lightning Conductor によるコンテンツ集約は、ユーザーのSharePointサイトにおけるアクセス権を反映します。Lightning Conductorによって集約されたコンテンツの中に、ユーザーが閲覧を許可されていないものが含まれる場合、ビューに表示される対象は、アクセス権が付与されたコンテンツのみに制限されます。例えば、人事部、情報システム部、経理部のそれぞれのサイトコレクションからドキュメントを集約表示するビューにおいて、人事部のユーザーのみにアクセス許可が付与されたドキュメントは、人事部の伊藤さんには表示されますが、情報システム部の高橋さんには表示されません。
このように、SharePointのアクセス権が反映されるため、Lightning Conductorのアクセス権を個別に考える必要がないように配慮されています。

自分が最近編集したドキュメントの集約

任意の複数のサイトコレクションにおいて、自分が最近編集したドキュメントを集約表示するビューを設定することが可能です。このビューにより、編集中のドキュメントがひと目で確認でき、素早く作業を再開することが可能となります。
以下に、Webパーツの追加から順に設定方法をご紹介します。

1. Webパーツの追加

2. 設定をクリック

3. アドバンスドモードをクリック

4. Webパーツの設定
 データソースプロバイダー設定:「Object Model ロールアップエンジンプロバイダー」
 ディスプレイプロバイダー設定:「グリッドビュー ディスプレイプロバイダー」

5. データソースの設定

ロールアップソース:「複数のサイトコレクションのアイテムを表示」、任意のサイトコレクションを選択
リストタイプ:「ドキュメント ライブラリ」

6. 列の設定

名前:ファイル名。
更新日時:並び替えとして降順を設定。

フィルターボタンをクリックし、以下の4つの条件を設定する。

ProgId <> OneNote.Notebook → “[サイトコレクション名] のノートブック”などのノートブックのフォルダーを除外しています。
種類 <> one →ノートブックのファイルを除外しています。
種類 <> onetoc2 →ノートブックのファイルを除外しています。
更新者 = Me → 自分が更新したファイルへの絞り込みを行います。

7. 表示の設定

リンク列:名前
階層でグループ化:フォルダー別
アイテムタイプアイコンを表示:オン
アイテムにダイレクトリンク:オン

以上の設定により、自分が編集したドキュメントを集約するビューをご利用いただけます。

自分が担当するタスクの集約

任意の複数のサイトコレクションにおいて、自分が担当するタスクを集約表示するビューを設定することが可能です。このビューにより、自分が担当するタスクがひと目で確認できるとともに、進捗状況の確認/アップデートを素早く行うことが可能となります。
以下に、Webパーツの追加から順に設定方法をご紹介します。
1.Webパーツの追加 ~ 4. Webパーツの設定は、上述のドキュメントビューと同様となります。

5. データソースの設定
ロールアップソース:「複数のサイトコレクションのアイテムを表示」、任意のサイトコレクションを選択
リストタイプ: 「タスク」

6. 列の設定(列の選択と計算列の追加)

7つの列(タスク名(内部名:Title,型:Text)、開始日、期限、タスクの状態、達成率(%)、担当者、優先度)を選択

「計算列の追加」をクリックし、以下の計算列を追加する。
既存の[達成率(%)]列では、100.00%と小数点以下を含む表示となるため、新規に表示用の列を追加します。

列名:達成率(表示用)
列の型:整数
数式:[PercentComplete]*100+"%"

7. 列の設定(並び替えとフィルター設定)

表示されるビューでの順番に整理するため、ドラック&ドロップにより、列を以下のように並び替える。
(タスク名、開始日、期限、タスクの状態、達成率(表示用)、達成率(%)、担当者、優先度)

担当者のフィルターアイコンをクリック、Meを選択

8. 表示の設定

①開始日、期限
表示形式:日付(短い形式)、幅:75
②タスクの状況
エイリアス:状態、幅:50
③達成率(表示用)
エイリアス:達成率、幅:100
④達成率(%)、担当者、優先度
表示:オフ
⑤リンク列:タスク名

⑥タスク名の書式設定
優先度が高く、完了していないタスクに、!アイコンを表示するために、以下の書式設定を行います。
2つの条件を設定。

優先度 = (1) 高
タスクの状態 <> 完了

アイコンから任意のアイコンを設定
“!(Important)”、サイズ:16を選択

色>前景色>カスタム色、から任意の色(Hex:fa0505,Red:250,Green:5,Blue:5,Alpha:100)を指定。

次に、完了しているタスクに、取り消し線を表示するために、以下の書式設定を行います。

「書式設定の追加」をクリックし、以下の条件を設定。

タスクの状態 = 完了

フォント > 取り消し線を設定。

⑦達成率(表示用)の書式設定
進捗状況とタスクの状態を色によって表現するステータスバーを設定します。

(1)タスクの状態が「延期」の場合のステータスバー
以下の条件を設定。

タスクの状態 = 延期

色, 位置, フォント, データバーの4つの項目を設定。

色 > 前景色 > カスタム色から任意の色(Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100)を設定。

位置 > 中央揃え を設定

フォント > ボールド を設定。

データバー(最大値):100 を設定。

データバー(色)について、
色 > カスタム色から任意の色
(Hex:05a0fa,Red:5,Green:160,Blue:250,Alpha:100)を設定。

(2)タスクの状態が「待機中」の場合のステータスバー
(1)と同様の設定手順となります。(1)から変更となる条件を赤字で記載します。

タスクの状態 = 待機中
色:“Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100”
位置:“中央揃え”
フォント:“ボールド”
データバー(最大値):”100”
データバー(色):“Hex:6e6e6e,Red:110,Green:110,Blue:110,Alpha:75

(3) 達成率(%)が100%の場合のステータスバー
(1)と同様の設定手順となります。(1)から変更となる条件を赤字で記載します。

達成率(%) = 1
色:“Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100”
位置:“中央揃え”
フォント:“ボールド”
データバー(最大値):”100”
データバー(色):“Hex:008c32,Red:0,Green:140,Blue:50,Alpha:70

(4) 達成率(%)が90%以上の場合のステータスバー
(1)と同様の設定手順となります。(1)から変更となる条件を赤字で記載します。

達成率(%) < 1
達成率(%) >= 0.9
タスクの状態 <> 延期
タスクの状態 <> 待機中

色:“Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100”
位置:“中央揃え”
フォント:“ボールド”
データバー(最大値):”100”
データバー(色):“Hex:00dc50,Red:0,Green:220,Blue:80,Alpha:70

(5) 達成率(%)が50%以上90%未満の場合のステータスバー
(1)と同様の設定手順となります。(1)から変更となる条件を赤字で記載します。

達成率(%) < 0.9
達成率(%) >= 0.5
タスクの状態 <> 延期
タスクの状態 <> 待機中

色:“Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100”
位置:“中央揃え”
フォント:“ボールド”
データバー(最大値):”100”
データバー(色):“Hex:f0fa1e,Red:240,Green:250,Blue:30,Alpha:85

(6) 達成率(%)が50%未満の場合のステータスバー
(1)と同様の設定手順となります。(1)から変更となる条件を赤字で記載します。

達成率(%) < 0.5
タスクの状態 <> 延期
タスクの状態 <> 待機中

色:“Hex:000000,Red:0,Green:0,Blue:0,Alpha:100”
位置:“中央揃え”
フォント:“ボールド”
データバー(最大値):”100”
データバー(色):“Hex:fa0505,Red:250,Green:5,Blue:5,Alpha:70

以上で設定完了となります。

いかがでしたでしょうか。インフォシェア株式会社では様々な業務のシーンでのお客様の「困った」を解消するお手伝いができるよう優れた海外製品の日本語化や、各種サービスの提供をしております。是非、「お問い合わせ」から、ご連絡ご相談ください。